自己破産、債務整理を知ることもたいせつ

自己破産とは、債務整理の方法の一つで、破産を行うことにより抱えている債務の支払いを全て無しにすることが出来る方法となります。自己破産には認可と免責の2つがあり、認可は債務を抱えていて支払いが出来ないということを裁判所で求められること、免責は認可されたのち、その債務の支払いを免除されることを言います。

そのため、自己破産を行った場合でも、認可はされても免責されないと言う場合もあり、申請を行ったからといって100%債務が免除されるわけではありません。自己破産が免責された場合、債務のしはらいは免除となりますが、その情報は信用情報機関に記載され事故情報となり、最長で10年間のカードローンやクレジットカードなどの利用が出来なくなります。

仕事に関しても就くことができない職種がありますし、住宅ローンや税金の滞納に関しては免除されず、支払いを行う必要があるということも知っておく必要があります。免責されれば債務は無くなり生活自体は多少楽になりますが、制限も多いためもろ刃の剣ともいえる方法だと言えるでしょう。

債務整理とは、抱えている債務を整理して減額して貰ったり、債務自体を免除してもらうための方法です。債務整理には任意整理・個人再生・自己破産と大きく分けて3つの方法があり、任意整理は裁判所を通さずに債務の減額を行う方法、個人再生は裁判所を通して債務の減額を行う方法で、どちらも3年程度で減額された債務を返済する必要があります。

任意整理は弁護士や司法書士が金融業者と直接話し合いを行い減額を求める方法ですが、法的拘束力が弱く、減額自体を拒否される場合も多いと言えます。個人再生は裁判所を通して行う方法なので、法的拘束力も強く、大幅な減額が可能になる方法です。しかし裁判所を通しているため、減額された債務の返済を行えない場合は、強制執行を行なわれてしまう場合もあります。

自己破産は破産を行うことで債務の返済を無しに出来る方法ですが、他の方法に比べて生活への影響も大きいですし、免責されない場合は債務の支払いが無くならないため、債務整理の中でも最終手段と言える方法となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です